HP

Lessonはお休み中。       HPはこちら⇒<yuchi>

 


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

ゆち(木内由紀)

Author:ゆち(木内由紀)
[フードクリエイター]
栄養士/製パン講師/フードコーディネーター
4年間のワシントンDC生活を経て,2014年日本へ帰国しました。
引き続きうちのご飯をお届けします。
過去ログにはアメリカでも作れる日本の家庭料理、たくさん掲載あります。

●大塚食品ボンカレーレシピ掲載中。

●産経新聞 エッセ レシピ 2014年9~掲載中

●月間でレシピを掲載していました(ワシントンDC)。
§ワシントンDC日系コミュニティ ー新聞[CAPITAL]
§ワシントン日本商工会・[会報]

●クックパッド
§教えて!料理のコツ・ヒント
みなさんの疑問にお答えしています。

年齢:昭和40年代生まれ
性別:女性 (東京都在住)
趣味:新作レシピを考える事
好きだったこと:水泳・水上スキー
家族:夫、元気すぎ男児2人

資格:フードコーディネーター*製パン講師
    栄養士

◆質問やご感想、お仕事のご依頼はまでどうぞ。
数日中にお返事させて頂きます。

フードソムリエ


ブログ内検索



キーワードを入力するとブログ内で検索が出来ます。食材名で検索すれば冷蔵庫の残り物が使えるメニューが見つかるかも!試してみてくださいねっ☆彡

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


掲載,出演のお知らせ


応援よろしくねッ!


link

【しあわせ食材】
■NOSE's FARM GARDEN
■ASM農園

【ナチュラルライフ】
■ココチ舎(丹波焼・忠作窯)
■chiocchio


QRコード

QRコード

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

2012年04月03日(火)

セロリの韓国風おかか炒め


セロリだって根元からドカンといっぱい入っています。
日本のよーに1本スラリ~と袋詰めの姿は見たことなく、
美味しい葉が付いているセロリも見たことなく。。

必要なお料理に使うと、それ以外は炒めていただくわけです。。




■セロリの韓国風おかか炒め■

【材料】[4人分]

・セロリ::230g

[a]
・コチジャン::小さじ2
シーズニングソース::大さじ1
(醤油でもok)
・砂糖::小さじ1
・中華だし::小さじ1/3

・かつおぶし::5g程度


作り方

【1】セロリは斜めに薄切りし、油を熱したフライパンに加え炒めます。

【2】油となじんだら合わせた[a]を加え強火で炒めます。水分がほぼ無くなったら火をとめ鰹節をまぶし出来上がり。


生でボリボリと食べるのも大好きなのですが、炒めて食べるセロリはもっと好き。
中でも気に入っているのがコチジャン少し加えて炒める韓国風。
子供達も大好き(コチジャン入りですがほんのりピリッと香る程度です)、
佃煮感覚で白いご飯とも美味しいのです。

アメリカのセロリ、少々味が薄くて苦味というか?独特なセロリの味が少ないのですが、
セロリ嫌いな方はアメリカのセロリで克服できるかも?
そして、この炒めたセロリ。セロリ嫌いな私のお友達が好きになってくれた一品。
今では1年中食べられますが、今が旬です。

春のほろ苦お野菜は油との相性がとても良いのですよ。
あーウド食べたいなー。。。
柔らかい部分はどこへ消えているのでしょう?
スティックになって水に浸されて売っている部分がそうかな?

香りが豊かな葉の部分は捨ててしまっているのかなー?ザンネン。




今日から春休み突入しました。旅行の計画も立てることが出来ず、
キャンプの申し込みもせず…
オソロシーお休みに入ったわけです……

今日は兄に部屋の掃除機かけしてもらいました。。。これがね結構几帳面にかけてくれて、
私がするより良いみたい。


応援ありがとうございます!とっても励みになっています♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ

(アイコンをクリック↑で「ゆちのお料理実験室」にワンポイント☆
またココへ戻ってきてポイント☆というシステムになっています。
応援どうぞ宜しくお願いします)





○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます!とっても嬉しいです。 ゆち
○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
 | HOME |  ▲ page top