HP

Lessonはお休み中。       HPはこちら⇒<yuchi>

 


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

ゆち(木内由紀)

Author:ゆち(木内由紀)
[フードクリエイター]
栄養士/製パン講師/フードコーディネーター
4年間のワシントンDC生活を経て,2014年日本へ帰国しました。
引き続きうちのご飯をお届けします。
過去ログにはアメリカでも作れる日本の家庭料理、たくさん掲載あります。

●大塚食品ボンカレーレシピ掲載中。

●産経新聞 エッセ レシピ 2014年9~掲載中

●月間でレシピを掲載していました(ワシントンDC)。
§ワシントンDC日系コミュニティ ー新聞[CAPITAL]
§ワシントン日本商工会・[会報]

●クックパッド
§教えて!料理のコツ・ヒント
みなさんの疑問にお答えしています。

年齢:昭和40年代生まれ
性別:女性 (東京都在住)
趣味:新作レシピを考える事
好きだったこと:水泳・水上スキー
家族:夫、元気すぎ男児2人

資格:フードコーディネーター*製パン講師
    栄養士

◆質問やご感想、お仕事のご依頼はまでどうぞ。
数日中にお返事させて頂きます。

フードソムリエ


ブログ内検索



キーワードを入力するとブログ内で検索が出来ます。食材名で検索すれば冷蔵庫の残り物が使えるメニューが見つかるかも!試してみてくださいねっ☆彡

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


掲載,出演のお知らせ


応援よろしくねッ!


link

【しあわせ食材】
■NOSE's FARM GARDEN
■ASM農園

【ナチュラルライフ】
■ココチ舎(丹波焼・忠作窯)
■chiocchio


QRコード

QRコード

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

2012年01月06日(金)

アメリカでもおせち料理(最終回)、あけぼの海老の作り方


もうお節も見飽きましたネ、とっとと書かないと、お正月ももうお終いですものね。
最終回は海老のあけぼの煮。日の出に見立ててあけぼの煮。
腰が曲るまで長生きしましょう。




■海老のうま煮■

材料【4人分】

・有頭海老::12尾

[a]
・だし汁::100cc
・塩::少々
・醤油::大さじ2
・みりん::大さじ2
・酒::大さじ2
・はちみつ::小さじ2


作り方


【1】海老は酒に浸し置いた後、流水で洗いしっかりと水分をふき取り、背綿をとりキッチンバサミでひげを足を短く切ります。

【2】鍋に[a]を加え火にかけ煮立ったら弱火にし海老を曲らせて並べ置きます。

【3】弱火から中火で途中裏返し、煮汁が半分以下になるまで煮込み、火を止めもう一度海老を裏返し、鍋の中でてそのまま冷まします。
粗熱がとれたら、上からラップを張ってしっかり冷めるまで置きます。


こちらも、ごく普通のうま煮ですが、
ほんのり甘みときれいなツヤのお手伝いに蜂蜜ちょこっと加えています。

この海老、5尾だけ残しておいて、
たーくさんの白菜と一緒に。昨日てきとーに作ったスープがこれがこれが美味しくって。
作った早々1人でずいぶんと食べてしまった.....
もう一回海老買ってきて作らなきゃ。



そういえば、端っこい写っている写真を見て思い出したのですが、
焼豚がまともに写っている写真がない!
いっつもは煮チャーシューを作っているのですが、
先日のクリスマス会で、美味しい焼豚がありました。
お友達のご主人作でした!!一口食べて香ばしい香りがして、
あ~煮チャーシューでは味わえない美味しさと3回もお代わりしてしまい…
お正月は焼こう!と心に決めたのでした。

パクチーや葱などなどあらゆるものをミックスして漬け込んだ焼豚、
すごく美味しくできたのに…
もう残っていないので、また作ったらその時にレシピUPします。


ではでは、これにてアメリカでもおせち料理2012。完。

そろそろ、今日のエピ第一弾やきあがります。



いつもお料理パワーをどうもありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ



(アイコンをクリック↑で「ゆちのお料理実験室」にワンポイント☆というシステムになっています。応援どうぞ宜しくお願いしま~すっ



○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
今日も遊びに来て下さって、ありがとうございますっ!とっても嬉しいです♪♪ ゆち
○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
 | HOME |  ▲ page top