HP

Lessonはお休み中。       HPはこちら⇒<yuchi>

 


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

ゆち(木内由紀)

Author:ゆち(木内由紀)
[フードクリエイター]
栄養士/製パン講師/フードコーディネーター
4年間のワシントンDC生活を経て,2014年日本へ帰国しました。
引き続きうちのご飯をお届けします。
過去ログにはアメリカでも作れる日本の家庭料理、たくさん掲載あります。

●大塚食品ボンカレーレシピ掲載中。

●産経新聞 エッセ レシピ 2014年9~掲載中

●月間でレシピを掲載していました(ワシントンDC)。
§ワシントンDC日系コミュニティ ー新聞[CAPITAL]
§ワシントン日本商工会・[会報]

●クックパッド
§教えて!料理のコツ・ヒント
みなさんの疑問にお答えしています。

年齢:昭和40年代生まれ
性別:女性 (東京都在住)
趣味:新作レシピを考える事
好きだったこと:水泳・水上スキー
家族:夫、元気すぎ男児2人

資格:フードコーディネーター*製パン講師
    栄養士

◆質問やご感想、お仕事のご依頼はまでどうぞ。
数日中にお返事させて頂きます。

フードソムリエ


ブログ内検索



キーワードを入力するとブログ内で検索が出来ます。食材名で検索すれば冷蔵庫の残り物が使えるメニューが見つかるかも!試してみてくださいねっ☆彡

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


掲載,出演のお知らせ


応援よろしくねッ!


link

【しあわせ食材】
■NOSE's FARM GARDEN
■ASM農園

【ナチュラルライフ】
■ココチ舎(丹波焼・忠作窯)
■chiocchio


QRコード

QRコード

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

2011年11月27日(日)

抹茶モンブラン


うちのサンクスギビングのデザートだったパンプキンパイじゃなくてモンブラン。
子供たちがたくさん拾ってきてくれた栗や頂いた栗で作った甘露煮を使ってマロンクリーム作りました。





■抹茶モンブラン■

材料【直径23cmタルト台1台分】

●タルト台
・薄力粉::120g
・アーモンドプードル::30g
・砂糖::40g
・バター::60g
・卵::1個
・塩::ひとつまみ

●マロンクリーム
栗甘露煮::260g
(蒸し栗を代用してもOK、その場合は砂糖量を少し多めに)
・砂糖::80g
・バター::80g
・生クリーム::110cc
・ラム酒::小さじ1

●抹茶ホイップ
・生クリーム::200cc
・抹茶::小さじ1
・砂糖::小さじ2強

●トッピングに栗甘露煮(市販)::適量



マロンクリームがタルト台と同化していて、底の分厚いタルトに見えます。
甘露煮全て使って作ったクリームはタルト台の底に敷き詰めて、
その上からほんのりと抹茶味にしたホイップのせました。
作るところを見ていなかった主人はモンブランだ!って何度言っても一口食べるまで分からなかった様で、、、、、
(そりゃそーね)。

面倒くさがらずホイップを下にして、上からマロンクリームを口金使って絞ればよかったかな…
と反省。

また手前味噌ですが、これほんとーに美味しくって(栗本来の味も甘くて美味しかったからですね)、
久しぶりのモンブランあっという間に1台平らげてしまいました。


今年は年末年始もココで過ごすので、栗きんとん作るときまで少しとっておこうかな?
と思っていたのですけれど、Hマートで甘露煮も見つけたことだし、
栗きんとんは黄色が鮮やかの方がきれいですしね…


サンクスギビング連休モードにずっぽり浸ってしまっていた我が家。
土曜の朝にいつもある兄のピアノレッスンをすっぽかしてしまいました。
お休みも今日でお終い。

街はサンクスギビングの夜からクリスマスリースを飾る業者がせっせと働いていました。

さぁ、次はクリスマス。





いつもお料理パワーをどうもありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ



(アイコンをクリック↑で「ゆちのお料理実験室」にワンポイント☆というシステムになっています。応援どうぞ宜しくお願いしま~すっ



○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
今日も遊びに来て下さって、ありがとうございますっ!とっても嬉しいです♪♪ ゆち
○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
 | HOME |  ▲ page top