HP

Lessonはお休み中。       HPはこちら⇒<yuchi>

 


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

ゆち(木内由紀)

Author:ゆち(木内由紀)
[フードクリエイター]
栄養士/製パン講師/フードコーディネーター
4年間のワシントンDC生活を経て,2014年日本へ帰国しました。
引き続きうちのご飯をお届けします。
過去ログにはアメリカでも作れる日本の家庭料理、たくさん掲載あります。

●大塚食品ボンカレーレシピ掲載中。

●産経新聞 エッセ レシピ 2014年9~掲載中

●月間でレシピを掲載していました(ワシントンDC)。
§ワシントンDC日系コミュニティ ー新聞[CAPITAL]
§ワシントン日本商工会・[会報]

●クックパッド
§教えて!料理のコツ・ヒント
みなさんの疑問にお答えしています。

年齢:昭和40年代生まれ
性別:女性 (東京都在住)
趣味:新作レシピを考える事
好きだったこと:水泳・水上スキー
家族:夫、元気すぎ男児2人

資格:フードコーディネーター*製パン講師
    栄養士

◆質問やご感想、お仕事のご依頼はまでどうぞ。
数日中にお返事させて頂きます。

フードソムリエ


ブログ内検索



キーワードを入力するとブログ内で検索が出来ます。食材名で検索すれば冷蔵庫の残り物が使えるメニューが見つかるかも!試してみてくださいねっ☆彡

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


掲載,出演のお知らせ


応援よろしくねッ!


link

【しあわせ食材】
■NOSE's FARM GARDEN
■ASM農園

【ナチュラルライフ】
■ココチ舎(丹波焼・忠作窯)
■chiocchio


QRコード

QRコード

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

2010年07月15日(木)

とんかつ、夏


脂ののった薄切り豚肉ー食べたい。
たぶん、一番欲しい食べ物かなー。
こればかりは、母に頼んで送って貰う訳にもゆかず、、、




■とんかつ、夏■

材料【4人分】


・豚肉(1.5~2cm程度の厚さが良い)
・塩・胡椒

●衣(豚肉およそ500g程度の量)
[a]
・薄力粉:::::100g
・カレー粉::::小さじ1
・冷水::::::200cc
(顆粒コンソメを混ぜてもgoo、お弁当に重宝です)

[b]
・パン粉


作り方

【1】豚肉は水気をしっかりとり両面に塩、こしょうをしておきます。

【2】衣[a]の薄力粉+カレー粉は手(又はお箸)でよく混ぜ合わせ、冷水を注ぎ合わせます。ここへ(1)の豚肉を絡め、次に[b]パン粉を絡め、170℃の油でからりと揚げ出来上がり。


薄切りの豚肉はあるのですよ、でもイマイチ脂がのっていない、
あったー!と思って何度か買ってみれば、
それは脂ののりすぎた薄切りバラ肉。

日本でいっちばん食卓に登場していたお手軽コマ切れ肉、薄切りロース、
たべたいでーす。
適度な脂身に薄切りで、カリッと炒めて、煮込んで、纏めて揚げて。。。


スライサー買ってしまうかも。。。そんな自分と闘っている今日この頃。


そんな訳で、コストコ(こっちではコスコと呼ばれています)で買ってきた分厚いお肉のトンカツです。
名前の通り、カレーの香りがするとんかつは、衣にまたまたカレー粉混ぜてあり、
一口食べて食欲増進。
体力消耗する夏、ガツガツっと食べて元気に乗り越えましょー。


薄力粉、卵液、パン粉のこの作業が得意じゃなくて、
結婚してからしばらくはフライから遠ざかっていた頃もあったりしてました、
そんな私のフライは、面倒作業を2ステップに省略するのです。
卵なしでもさっくり、そしてサクサク感は卵を通した時より持続します♪

最初の薄力粉にカレー粉をプラス。サクッと食べればカレーの香りがふわ~っと広がるとんかつですよ。

カレーととっても相性の良いおソースタラリと頂けば、卵でとじなくてもカツドン感覚で食べれるうちの皆。

たっぷり揚げて、次の日はホント―のかつ丼はどうかしら~








いつもお料理パワーをどうもありがとうございます♪
にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ

(アイコンをクリック↑で「ゆちのお料理実験室」にワンポイント☆というシステムになっています。応援どうぞ宜しくお願いしま~すっ


○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
今日も遊びに来て下さって、ありがとうございますっ!とっても嬉しいです♪♪ ゆち
○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
 | HOME |  ▲ page top