fc2ブログ

HP

Lessonはお休み中。       HPはこちら⇒<yuchi>

 


カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

ゆち(木内由紀)

Author:ゆち(木内由紀)
[フードクリエイター]
栄養士/製パン講師/フードコーディネーター
4年間のワシントンDC生活を経て,2014年日本へ帰国しました。
引き続きうちのご飯をお届けします。
過去ログにはアメリカでも作れる日本の家庭料理、たくさん掲載あります。

●大塚食品ボンカレーレシピ掲載中。

●産経新聞 エッセ レシピ 2014年9~掲載中

●月間でレシピを掲載していました(ワシントンDC)。
§ワシントンDC日系コミュニティ ー新聞[CAPITAL]
§ワシントン日本商工会・[会報]

●クックパッド
§教えて!料理のコツ・ヒント
みなさんの疑問にお答えしています。

年齢:昭和40年代生まれ
性別:女性 (東京都在住)
趣味:新作レシピを考える事
好きだったこと:水泳・水上スキー
家族:夫、元気すぎ男児2人

資格:フードコーディネーター*製パン講師
    栄養士

◆質問やご感想、お仕事のご依頼はまでどうぞ。
数日中にお返事させて頂きます。

フードソムリエ



掲載,出演のお知らせ


ブログ内検索



キーワードを入力するとブログ内で検索が出来ます。食材名で検索すれば冷蔵庫の残り物が使えるメニューが見つかるかも!試してみてくださいねっ☆彡

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


レシピ掲載中


応援よろしくねッ!


QRコード

QRコード

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

2007年11月16日(金)

栗の山食パン


この前作った、栗山食パン♪あれから2回作りました。
型を変え、水分少し調整しながら、、、。
やっぱり旬の素材が入っていると皆、喜んでくれるんですっ^^



■栗の山食パン■

材料

・強力粉::::::300g
・砂糖:::::::大さじ2
・塩::::::::小さじ1
・ドライイースト::小さじ2
・生クリーム::::70cc
・水::::::::170cc
・バター::::::20g
・栗の寒露煮::::70g
(又は渋皮煮)


作り方

●栗は流水でシロップを流し、水分をふき取り、細かく刻んで置きます。バターは常温に。

【1】粉、砂糖、塩を混ぜ合わせます。ドライイーストも合わせ、生クリーム+水を加え捏ねはじめます。(生地がゆるく纏まり難いですが、根気良く。。)

【2】30℃~35℃程度で一次発酵(1時間)。3分割にし(山食の場合)ベンチタイム20分。

【3】栗を包み込み成形。型に詰め、35℃~38℃程度で2次発酵(40分程度)。

【4】オーブン210℃~220℃(家のオーブンは弱めの電気オーブンです)で20分~25分焼き上げ♪



アップロードファイル1度目より2度目、2度目より3度目^^。嬉しいくらいに生地の違いがあって楽しいです!。。
3度目に作ったのは、お裾分け、とっても嬉しい感想を聞かせてもらって、調子にのってます絵文字名を入力してください
トーストしてバター塗ったりして^^。。。、カリッとフワッとサクッと、、栗の甘さがバタ~~と最高に合うんです~!

写真は1度目の破れちゃってるのしか残ってません~smile-8
もう1回、型を変えて上手く出来たら、またUPします~~。


今日は、『トロロときのこの餃子』でしたが、、なぁんとバタバタしていたら、真っ暗で、、写真が上手く撮れませんでした。
また後日リベンジしまぁす♪



ひよこ暫くぶりで覗いてみたら☆☆☆
わっ~♪みんな~沢山のお料理パワーをどうもありがとう!すごくうれしいっ♪~~


にほんブログ村 料理ブログへ

(アイコンをクリック↑で「ゆちのお料理実験室」にワンポイント☆というシステムになっています。応援どうぞ宜しくお願いしま~すっ



週末は楽しい予定が出来ました♪47殿、、ありがとうございます!明日は京都に出かけまぁす♪

○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
nyakki今晩は、、、とっても冷えますね~~~。。。明日は今日より気温は上がるそうですが、お出かけの時は1枚多めに上着持参ででかけましょ~~~☆
皆さん、、お家に帰ったら。。うがい、手洗い!!!ですよっ☆
素敵な週末をお過ごし下さいっ♪

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございますっ!とっても嬉しいです♪♪ ゆち
○o。。o○o。。○○o。。o○o。。○○o。。o○o。。o○o。。o○o。。
 | HOME |  ▲ page top